Python(パイソン)の効率的な学習方法や手順は?|挫折しないためのポイントも紹介

プログラミング

現役のプログラマーやSEといったエンジニアから人気が高く、将来性も期待されているプログラミング言語「Python」。

 

プログラミング経験者はもちろんですが、未経験者のなかにもこれからPythonを学びたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、一切の知識や経験がないプログラミング初心者にとって、何からどのように学習すれば良いのか分からないという方も少なくありません。

 

そこで今回の記事では、Pythonのスキルを効率的に身につけるためにおすすめの学習方法を紹介します。

Python(パイソン)とはどんな言語?

Pythonという言葉は聞いたことがあるものの、どのようなプログラミング言語なのかよく分からないという方も多いでしょう。

そこで、まずはPythonの概要や特徴、ほかのプログラミング言語と比較した場合のPythonならではのメリットについても紹介します。

将来性の高い言語として人気

プログラミング経験がある方や、ITに関する知識がある方のなかには、Pythonと聞くとAIを連想する方も多いはずです。

DXの推進に向けて、業種を問わずさまざまなAIシステムの開発が進められており、今後さらに需要が高まっていくと考えられます。

IT関連の業種はもちろん、あらゆる業種と企業でPythonエンジニアが必要とされることを考えると、これからPythonを学ぶ価値は高いといえるのではないでしょうか。

AI・機械学習、Webアプリ、データ分析などに活用できる

Pythonはできることや作れるものが豊富にあります。

PythonがAIの開発に利用されることが多い理由としては、豊富なライブラリ(用途に応じてプログラムをまとめたファイルのようなもの)が用意されていることが挙げられます。

PythonでなければAIのシステム開発はできない、ということではありませんが、複雑で膨大な量のビッグデータ分析にも最適であることからPythonが用いられるケースが多いのです。

また、身近なところではYoutubeやInstagram、Dropboxといった著名なサービスやアプリケーション開発にもPythonは活用されています。

>>Pythonを使ってできること・作れるもの5選!Excelの自動化に貢献できます!

プログラミング初心者でも取り組みやすい

数あるプログラミング言語のなかでも、Pythonが人気の理由は将来性が高いだけではありません。

特に重要なポイントとして挙げられるのが、シンプルで初心者でも取り組みやすいことです。

言語そのものがシンプルであるということは、コードを覚えやすい・書きやすいだけでなく、見やすいことも意味します。

複雑な仕様の言語だとプログラミング初心者は途中で挫折することも多いですが、Pythonはそのようなリスクが低い言語といえます。

>>【プログラミング初心者におすすめ】Python (パイソン) 入門講座|どんな言語なの?

エンジニアとして年収アップが見込める

ニーズが高いプログラミング言語は、それだけ多くのエンジニアも求められます。

求人市場では、プログラミング言語のスキルによって年収の相場が変わってくることも少なくありません。

特に、需要が高まっているPythonのスキルを身につけることで、現在よりも年収アップが期待できるでしょう。

90秒で自分に最適なキャリアタイプ診断!

キャリアタイプ診断

Python体験講座を受講してみよう

これからPythonを学びたいと考えている方は、J Career Schoolが無料で提供している「Python体験講座」の受講もおすすめです。

Pythonとはどのようなプログラミング言語なのかを紹介しつつ、実際の開発環境をPCにインストールして初歩的なプログラミングを体験することもできます。

Python(パイソン)を学習する流れ

Pythonの将来性や特徴が把握できたら、実際にプログラミング学習をスタートしていきましょう。Pythonの学習にあたっては、この流れでなければならない、といった決まりはありませんが、基本を効率的に学ぶのであれば以下の流れに沿って進めるのがおすすめです。

>>キャリア形成の考え方|これから求められる5つのスキル|スキルを身につける方法とは?

これから学ぶならPython3を

そもそもPythonにはバージョンが存在し、1990年に開発されてから何度かのバージョンアップが行われてきました。

1990年にはじめて登場したバージョンは「0.9x」で、その後さまざまな機能が追加されるたびに「1.x」、「2.x」と変化しています。

2022年8月時点での最新バージョンは「3.10.6」で、これは「Python3」とよばれることも多いようです。

Python関連の資格や、実際の開発現場でもPython3が用いられることが多いため、これから学習する場合には必ずPython3を使用しましょう。

プログラミングの基礎を学ぶ

Pythonの学習の第一歩は、まずプログラミングの基礎を学ぶことです。

知識や経験がゼロの初心者の場合、以下の内容は押さえておきましょう。

環境構築

Pythonのコードを作成し動作を確認するために、PCで環境を構築します。

PCは高スペックなものは必要ありません。

ただし、WindowsやMacOSにインストールされているPythonはバージョンが古いケースがほとんどのため、Python公式サイトから最新バージョンであるPython3.10.4をダウンロード、インストールしておきましょう。

https://www.python.org/

「Downloads」にカーソルを合わせると「Download for xx(OS名)」という項目が出てくるため、こちらを選択すればダウンロードが開始されます。

文法を学ぶ

プログラミングにおける文法とは、それぞれの言語に応じて決められているルールのようなものです。たとえば、画面に「Hello wold!」という文字を表示したい場合には、以下のようにコードを入力します。

print("Hello wold!")

また、これ以外にも「if文」や「Whileループ」、「forループ」など、Pythonには基本的な文法が複数あるため押さえておきましょう。

関数を覚える

基本的な文法がなんとなく理解できたら、関数の定義方法を覚えていきましょう。

Excelでもおなじみの関数という言葉ですが、これは細かな機能をひとつにまとめたものを表します。

Pythonでは以下の構文で関数を個別に定義できます。

def 関数名():
    ****

上記は関数の基本形ですが、これ以外にもデフォルト値を設定したり、返り値がある場合の関数を設定したりすることもできます。

スクレイピングを行う

文法と関数を一通り学習し、基礎がなんとなく理解できてきたら、Webスクレイピングを試してみましょう。

スクレイピングとは、Webページに掲載されているテキストや画像などを収集・抽出する技術のことです。

Webスクレイピングができれば、たとえば「ECサイトに掲載されている商品名と型番、価格を一括で取得する」といったことも可能です。

Pythonでは、スクレイピングに対応したライブラリとして「Requests」や「Beautiful Soup」、「Selenium」などが利用できます。

簡単なWebアプリを作ってみる

Pythonの基本と応用方法を一通り学習したら、実際にシステムやアプリケーションを制作しながら実用的なスキルを高めていきましょう。

特におすすめしたいのが、Webアプリの開発です。

冒頭でも紹介したとおり、YouTubeやInstagram、DropboxなどはPythonで構築されているため、このようなWebアプリを見本に制作してみるのも良いでしょう。

なお、Webアプリの制作にあたっては、「Django」や「Flask」といったフレームワークを活用することで効率化できます。

知識の確認として資格に挑戦してみる

就職や転職などに向けてスキルを証明するために、資格取得に挑戦してみるのもおすすめです。

代表的なPython関連の資格としては、「Python3エンジニア認定基礎試験」や「Python3エンジニア認定データ分析試験」などがあります。

なお、Python資格については以下の記事でも詳しく紹介しているため、ぜひこちらも参考にしてみてください。

>>Python資格の全種類まとめ|Pythonは国家資格?|難易度や合格率、初心者向けなのは?

おすすめのPython(パイソン)学習方法

Pythonのスキルを身につけるためにはさまざまな学習方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

挫折しないためのポイントも含めて解説しましょう。

コストをかけず独学で学習する:書籍・Webサイト・動画

「できるだけコストをかけずに学習したい」、または「空いた時間をうまく活用したい」と考えている方には、書籍やWebサイト、動画サイトなどを活用する方法がおすすめです。

Python関連の書籍は数千円もあれば購入できるほか、Webサイトや動画サイトの多くは無料で閲覧できます。

また、通勤時間や就寝前といった時間も有効に活用できるでしょう。

【30秒講座紹介】イチから学べる~Python基礎講座~

スクール

「ある程度のコストはかかっても良いので、短期間でスキルを身につけたい」と考えている方にはスクールを活用する方法がおすすめです。

専門の講師が分りやすく教えてくれるほか、分からない部分があれば都度質問できるのも初心者にとっては心強いものです。

最近では通学型のスクール以外にも、オンラインで受講できるスクールも増えており、全国どこにいても手軽に受講できます。

Pythonの学習を挫折しないためのポイント

Pythonに限らず、プログラミング学習は途中で挫折してしまう初心者が少なくありません。

最後まで学習をやり遂げるためには、どのようなポイントが重要なのでしょうか。

目標や目的をもつ

なぜPythonを学習するのか、明確な目標や目的をもつことが重要です。

単に「スキルアップしたい」といったことも重要ですが、より具体的に「アプリ開発に携わりたい」、「高度な分析を自身で行いたい」といった目標や目的を設定しましょう。

自身に合ったレベルの教材を使う

書店に行くとPython関連のさまざまな参考書や問題集が販売されています。

しかし、これらのなかには初心者向けのものもあれば、中級者以上のエンジニアを対象とした技術書もあります。

プログラミングを一から始めるのであれば、初心者向けに丁寧に解説されている書籍・教材を選ぶようにしましょう。

実践や実行を繰り返す

学習の流れのなかでも紹介しましたが、Pythonの基礎を一通り勉強したら、実際にコードを打ち込んで実行を繰り返すことが重要です。

はじめのうちはエラーが出てきて壁にぶつかることもあると思いますが、それを繰り返していくことで実践的なスキルや知識が身についていきます。

分からないことについて質問ができる環境を持つ

Pythonの基礎や応用を学習していく過程で、分からないところも出てくるでしょう。

そのままにするのではなく、質問できる環境をもっておくことが重要です。身

近にPythonに詳しいエンジニアがいれば問題ありませんが、そうでない場合にはスクールの活用も検討してみましょう。

スクールで学習する

Pythonは他のプログラムに比べて比較的シンプルでコードを覚えやすい・書きやすいだけでなく、見やすいという点から初心者が独学をしても挫折しにくいと言われています。

なので独学でPythonを書けるようになる事は可能です。

ですが、もしあなたがエンジニアとしてお金をいただきたいと考えているならスクールに通う事をおすすめします。

なぜなら、プロとしてエンジニアになるためには、Python以外のスキルも一緒に身に着ける必要があるからです。

例えるなら日本人が英語を話せてもアメリカでいきなり働けるわけではありませんよね。

働くための手続きや、その場のしきたり、業務の流れなど、言語以外に必要な要素は沢山あります。

独学で英語を話せるようになってもいきなりアメリカで働く事のハードルが高いように、Pythonという言語を書く事ができるようになっても、プロとは大きな差があります。

ですので、スクールで言語以外の部分も学び、より現場に近い事を経験する事でスムーズになります。

これは私の経験談という事もあり、おすすめです。

専門の講師が分りやすく教えてくれるほか、分からない部分があれば都度質問できるのも初心者にとっては心強いものです。

最近では通学型のスクール以外にも、オンラインで受講できるスクールも増えており、全国どこにいても手軽に受講できます。

J Career Schoolならイチからでもわかりやすい

Pythonは人気のプログラミング言語であるだけに、さまざまなスクールがカリキュラムを提供しています。そのため、「どのスクールを選べば良いのか分からない」と感じる方も多いでしょう。

プログラミングの初心者が一からPythonを学ぶのであれば、オンライン完結型のスクール「J Career School」がおすすめです。

初心者からでもわかりやすい体系的な内容

J Career Schoolとは、Web系やクリエイト系、プログラミングといったさまざまな専門スキルを身につけられるオンライン特化型のスクールです。

Pythonの基礎から応用までを体系的に学べるほか、Pythonとの関連が深いAI全般の知識も身につけられます。

業務効率化や資格対策の講座も

J Career Schoolが提供するPython関連のカリキュラムには、

・Excelなどの自動化に特化したイチから学べる Python自動化講座

・「Python3エンジニア認定基礎試験」に対応したイチから学べるPython基礎講座

・「Python3エンジニア認定データ分析試験」に対応したイチから学べるPythonデータ分析資格講座」などがあります。

単にPythonのスキルが身につけられるだけでなく、短期間での資格取得も可能です。

個別サポートの徹底

J Career Schoolのカリキュラムはサブスクリプション型のオンデマンド配信のため、 イチから学べるPythonデータ分析資格講座イチから学べる Python自動化講座などの講座がいつでも何度でも視聴できます。

また、専門の講師に対して分からない部分を繰り返し質問できるため、身近にPythonエンジニアがいない場合でも徹底した個別サポートが受けられます。

無料で受けられる入門セミナーなども

プログラミング初心者のなかには、いきなり高額な費用を支払って受講するには抵抗がある、という方もいるかもしれません。

そこで、J Career Schoolでは入門編として「Python体験講座」を提供しております。また無料でPythonの入門セミナーも実施しています。

実際にPCを動かしてプログラミングを試してみることができるため、「これなら自分にも理解できそう」、「もっと詳しい内容を知りたい」と感じられたら、基礎講座の受講を検討してみるのがおすすめです。

まとめ

プログラミングと聞くと初心者にとってはハードルが高く、「途中で挫折してしまうのではないか」と不安を抱えがちです。

しかし、Pythonはシンプルで初心者にとっても分かりやすい言語であることから、イチから始めたい方にもおすすめです。

書籍や動画サイトなど、独学でスキルを身につける方法もありますが、スクールを活用するのもひとつの方法です。

オンライン特化型のカリキュラムを提供しているJ Career Schoolは、専門の講師に対して何度でも質問でき、徹底した個別サポートも提供しています。

まずは無料の体験講座を受講してみてはいかがでしょうか。

>>副業・転職・キャリアアップに役立つJ Career Schoolの講座一覧はこちら

90秒で自分に最適なキャリアタイプ診断!

キャリアタイプ診断

無料セミナー情報

  • Zoomセミナー(参加無料!)

    転職に有利!国家資格「基本情報技術者試験」攻略セミナー 2022年08月22日(月) 19:30 〜 20:40

  • Zoomセミナー(参加無料!)

    最新トレンド・リアルなお仕事から知る「WEB業界」徹底解剖セミナー 2022年08月30日(火) 19:30 〜 20:30

  • Zoomセミナー(参加無料!)

    IT国家資格でキャリアアップ! 〜応用技術者試験対策セミナー〜 2022年09月06日(火) 19:30 〜 20:30